秋冬物アウターは消費増税の反動が多少は感じられたものの10月半ばからは比較的順調に動いているようだ。街ではケーブル編みのセーターをよく見かけるようになった。気温が下がっていけば11月に入っても期待できそうだ。

 秋冬の本命はやはりアウターとニットだ。これからはダウンやキルティングジャケット、ウールコートとニット商品が売り場の中心となる。ダウンやキルティングは軽量で保温性の高い商品で、丸衿など衿元に変化をつけたデザインの反応がいい。

 もう一つの軸となるニットは薄手のローゲージ、肉厚のローゲージと幅広いデザインが登場している。薄手はジャケットとの重ね着ができるライトな感覚、一方、厚手はそのままでも出かけられるし、裏ボアのニットはジャケットの代用として着こなす人も多い。共にカラーやデザインにこだわった商品が豊富だ。消費増税や台風の影響で消費マインドが回復してくるまで多少の時間はかかるだろう。ファーやショールなどの小物で自店らしい冬のコーディネイトを提案しよう。